リストラ対策転職マニュアル|サイドビジネス|ビジネスマナー

元気100選総合トップ| トップページ|新着記事20世紀の出来事

ニート脱出とジョブカフェ

ニート脱出とジョブカフェ
仕事の細道 就職転職 資格 起業SOHO

きっと見つかる自分未来仕事―ジョブカフェスタイル若者就職支援白書

きっと見つかる自分未来仕事―ジョブカフェスタイル若者就職支援白書

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 同友館
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 大型本




ニートを脱出したいが何から始めてよいか分からないという人は、まず第一歩としてジョブカフェに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
ジョブカフェとは経済産業省が行っている「若者自立・挑戦プラン」の一つで、35歳以下の若者が就職に関するさまざまなサービスを1ヶ所でまとめて受けられる施設です。カフェに立ち寄るような気軽な感覚でジョブカフェに立ち寄り、「自分にどんな仕事が向いているのか」「夢の職業に就くためにはどうすればいいのか」「面接試験の成功のコツは」「履歴書の書き方は」などのさまざまな疑問をスタッフにぶつけると、ジョブカフェのスタッフが丁寧に対応し、疑問を解決してくれるでしょう。
ジョブカフェ・サポートセンター
ニート脱出とジョブカフェ⇒この記事の続きを読んで見る
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 11:55 | Comment(0) | 職業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税理士




就職や転職に活かすために資格を取ろうと考えている人が多いと思いますが、資格も調べてみるといろいろなジャンルに取得方法もさまざまなものがあります。

やはり高収入を目指すのなら難しい国家資格を取得することが近道かと思いますが、国家資格の試験にも、一度に全科目合格しなくてはいけないものや、何年間かは合格した科目についてプールできるものなどもあります。

合格科目をプールしていけるものには税理士の国家試験などがあります。
税理士の試験では、11科目のうち、必須科目を含む5科目に合格すればよい仕組みになっています。

つまり、1年に1科目ずつ勉強、受験して、順に制覇していけばよいわけです。
もちろん一度に5科目受験してもよいのですが、多くの人は3〜5年かけて取得し、1年で全てに合格する人は少ないようです。

企業に就職してから税理士試験にチャレンジする人も多いのですが、企業によっては1科目でも合格すると報奨金が出るところもあるようで、評価も高くなります。

税理士は税務関係のスペシャリストですが、仕事の形態としては独立開業や会計事務所への勤務、企業内税理士として金融機関で働く、などがあります。

独立開業の場合は、自宅を事務所にして兼業主婦をしている女性の税理士もいるようです。
仕事の内容は、個人や法人からの依頼を受けて税金の申告・不服申立・税務調査の立会いなどの税務代理業務を行なう、税務署に提出する書類を作成する、税務相談や経営のコンサルティングなどです。

誰もが節税に関心を持っている世の中ですので、税理士として独立して頑張れば高収入も約束される仕事と言えるでしょう。


≫資格試験≪


【完全無料】日本最大級の税理士・会計士一括見積システム


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 18:54 | Comment(0) | 職業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケアマネージャー

福祉分野への就職を希望する若い人が増える中で、ケアマネージャーという資格の知名度も上がってきたように思います。
ケアマネージャーは介護支援専門員とも呼ばれ、その人に応じて適切な介護を受けられるようなプランを立てるのが主な仕事となっています。
介護を受けようとする人の身体的・精神的状態を把握し、要介護度を調べ、家族や生活の状況を総合的に判断して、その人に合った適切な介護サービス計画を立案します。

また、プランを立てるだけでなく、そのプランに基づくサービス業者間の調整や、その後の計画まで継続的に把握・管理していく必要があります。
就職の場は介護サービス施設や特別養護老人ホームなどが主となっています。
高齢化社会を迎え、ニーズの高い資格ですが、一人のケアマネージャーがおよそ50人の対応をすることになるため、業務としてはかなりハードであると言えます。
しかし現代の日本には必要な職種なので、将来的に見ると安定した仕事だと言えるでしょう。

27_fac1img.jpg

ケアマネージャーになるには、まずケアマネージャー実務研修資格試験に合格しなければなりません。
この試験に合格してから実務研修を受講し、研修の修了証の交付を受けて初めてケアマネージャーになれます。
実務研修資格試験を受験するためには、医療・保健・福祉分野の資格を持っている人は5年、資格を持っていない人は5?10年の実務経験が必要です。
合格率は30?40%と、なかなか手ごわい試験となっており、地方自治体や大学が行なうセミナーに参加して受験勉強を進める人も多くなっています。


関連リンク⇒資格試験

介護福祉の総合求人サイト!ケアリク


⇒ケアマネージャー必須書類の書き方
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 16:01 | Comment(0) | 職業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士

救急救命士とは、救急車で救急患者に対して、病院に到着するまでの間に、医師による具体的な指示のもとに、救急救命処置をすることができる資格です。
アメリカなどの「パラメディック制度」を手本としており、「病院前救護」として位置付けられています。
最近では新型インフルエンザでも「パラディミック」と言う言葉をよく耳にします。
Dscf1708-m.jpg


救急隊は消防が運用しているため、救急隊員は、組織的に搬送先の病院とは連携していませんでした。
また、長い間、救急隊員は搬送するだけで、ほとんど医療行為が認められていませんでした。
ところが、1991年4月23日に、病院へ到着する前に行なう救急医療の質を向上させるために、救急救命士法が成立して、同年の8月15日に施行されました。
そして、全国自治体の消防機関に配置されている救急隊に、最低1名を常時乗車できることを目標に、整備されています。

救急活動を行なう上で、救急救命士を含めた救急隊員が、医学的な質を保障するために、それぞれの地域の医療圏ごとに、メディカルコントロール体制を確立することを前提として、整備が進められています。

特に、救急救命処置において、心肺停止状態の傷害者に行なえる処置として、静脈路確保や気道確保などのような、特定器具を用いたものがあります。
また、認定を受けた救急救命士だけが行なえる処置として、2004年7月に気管挿管、2006年4月にアドレナリンの投与が可能となりました。

また、救急救命士が活動できるための構造を備えた救急車のことを、「高規格救急車」といいます。


通信教育のフォーサイト


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 10:57 | Comment(0) | 職業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事の細道 就職転職 最近のコメント
履歴書の書き方 by 履歴書の書き方 (07/22)
ビジネスマナー 「日常生活のマナー」から by ビジネスマナー (07/02)
介護福祉士の魅力 by ギギン!バコンバコン!!www (08/26)
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。