リストラ対策転職マニュアル|サイドビジネス|ビジネスマナー

元気100選総合トップ| トップページ|新着記事20世紀の出来事

いま、資格がなぜ必要なのか





momobgyoko.JPG

資格を取る意味
仕事の細道 就職転職 資格 起業SOHO

近年「資格」に対する興味や関心が高まってきているような気がします。スキルアップのために資格を取る。何かやりたいから資格を取るなど一人が2?3個資格を取得していても今は何の不思議もない時代になってきました。
そのくらい新しい資格は年々増えているし、受験者数も増えているということなのかもしれません。
ここではCADの資格について焦点をあててお話してみたいと思うのですが、せっかくCADのスクールに通って知識と資格を得ても、その後それを活かしている人もいれば、まったく活かしていない人もいます。
資格を活かせる人と活かせない人の差と言うのは目標意識があるかどうかの差ではないかと思います。
結構勘違いしている人もいるのではないかと思いますが、CADのスクールに通って無事に修了し、資格を取ったからと言ってその後の仕事や人生が保障されるというわけではないということです。
ただ、だらだらとスクールに通うのではなく自分がCADを習いたい理由、卒業したらどうしたいのかという目標を明確にして授業や資格取得に望むことが今後の人生に役立っていくのではないかと思います。
CADスクールに入学する前に自分がこのCADを習得し、どうしていきたいのか、自分が就きたい仕事には本当にCADの資格が必要なのかをよく考えてみて、それから入学するとより効率よくスキルアップすることができると思います。
それが、スクールに通うという意味なのではないでしょうか。

CADスクール いま、資格がなぜ必要なのか
 │
 ├ CADスクールに行く前に!
 ├ これからの時代に求められるCAD
 ├ に入る前に知っておこう
 ├ CCADの資格を取得してみませんか?
 ├ CADの通信スクール
 ├ 人気の訳
 ├ C通って資格を取る!
 ├ CADを学びたい方へ
 ├ CADスクール体験コース
 ├ 短期集中ベーシックコース
 ├ を体験する
 ├ 【基礎コース】
 ├ AutoCADについて
 ├ 入ったら何ができるようになる?
 ├ CADのお仕事
 ├ CADスクールを卒業したら?
 ├ CADに関する資格
 ├ CADスクールに行って資格を取りましょう。
 ├ CADの勉強の仕方
 ├ CADスクールの選び方
 ├ CADスクールを考える
 ├ CADスクール卒業後
 ├ CADスクールの受講料について
 ├ CADスクールでCAD を学ぶと言うこと
 ├ オペレーターで活躍したい
 ├ CADスクールに通いたいけれど
 ├ 初心者にCAD は無理?
 ├ CADスクールで技術者の養成
 ├ CADスクールに行って資格を取る意味
 └ 今CADスクールが熱い理由





エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 12:59 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本語教育能力検定

就職転職 資格 起業SOHO 資格試験
日本語教育能力検定

top_img.jpg



⇒この記事の続きを読んで見る
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 14:24 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通訳案内業

就職 資格 起業 SOHO 資格試験
通訳案内業
http://shikaku-tesuto.meblog.biz/article/1414749.html
自分の語学力にどれくらい自信がありますか?
多くの人は義務教育中に英検を受けたことがあると思いますが、おそらく普通に企業に就職した人や主婦業をしている人には、その程度の英語力で十分困らないと思います。
しかし外語大学を卒業したり海外留学の経験があるなどで、自分の語学力を生かして就職したい、と思っている人も少なくないでしょう。

語学力を生かした仕事にはいろいろありますが、通訳案内業という国家資格もあります。
仕事内容は、日本を訪れた外国人に日本での旅行を楽しんでもらえるよう、外国語で案内をします。
試験は1次、2次試験があり、語学力だけでなく、日本の地理や歴史、政治、経済、産業から文化に至るまで、一般知識ではありますがとても広い範囲から出題されます。
また、外国からのお客さまをもてなす仕事ですので、知識と教養だけでなく、サービス精神も必要になってくるでしょう。
現在活躍中のガイドは大半が女性となっています。

通訳案内業は合格率が約6〜7パーセントと取得が大変難しい資格になっています。
資格を取得し、いざ就職ですが、多くの人は日本観光通訳協会や人材派遣会社に登録し、依頼を受けて仕事をする形態をとっています。
コンスタントに依頼があるわけではないので初めは収入も安定しませんが、旅行者の多い春と秋や国際会議やイベントなどがあって忙しい時期は高収入が得られます。
ただ、円高などの影響を受けやすい仕事であることも事実で、ツアーが減少すれば仕事の見通しも暗くなってしまいます。
そんなときには、翻訳や通訳の仕事を掛け持ちしながら働いている人もいるようです。
現在、別の仕事をしながら通訳案内業の資格取得を目指している人は、とりあえず今の仕事は続けながら受験する方が賢明かもしれません。
社会経験、人生経験を積んでからこの仕事へ転職しても遅くはないと思います。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 08:26 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webクリエイター能力認定試験

就職 転職 求人 資格webクリエイター能力認定試験
Webクリエイター能力認定試験


クリエイターと付く資格を持っていると、今の時代の先端を走る仕事を行なっているような雰囲気がありませんか?
実際に、Webクリエイター能力認定試験の資格は、2001年に開始された比較的新しい資格です。
サーティファイ認定試験事務局が主催する民間資格となっています。

この認定試験では、Webページを製作するためのHTMLファイルのコーディング能力や、基本的なデザイン、Webサイトを構築する技術が試されます。
ちなみにコーディングとは、プログラム用語を用いてプログラムを作成することです。
試験は初級と上級の2つに分かれていて、どの級からでも受験でき、受験資格も特に制限はありません。

初級で求められるのは、ツールを使用せずに標準的なWebページを作成し、仕様書に基づいて素材やテキストをレイアウトし、見た目の良さだけでなく操作もしやすいWebサイトを作る能力です。
上級で取り上げられる問題にはフォームの定義、フレームの認定、オブジェクトの埋め込み問題などがあり、クライアントの意図を理解し、いかに快適なWebサイトを作り上げられるかが試されます。
いずれの級も、HTMLについての知識を整理し、実践に役立つ技術を確認するような出題内容となっています。

Webクリエイターとしての就職先は、Web制作会社やデザイン関係の事務所、またスクールのインストラクターとして働いている人もいます。
資格がなくてもWebクリエイターとして就職している人もいますが、実践的なスキルアップのために資格取得を目指す人、いずれフリーで仕事をしていきたいという人も取得を目指しています。
スクールに通い講座を受講する学習方法が堅実ですが、中にはテキストや過去問題集を使って独学で合格する人もいます。

この他、クリエイター系の資格には、Photoshopクリエイター能力認定試験や、Illustratorクリエイター能力認定試験もあります。

通信教育講座E-LifeStudy


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 10:31 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家資格 基本情報技術者

就職転職 求人情報 資格
基本情報技術者


位置情報就職に有利な資格と言われているものにはさまざまなものがありますが、IT系の資格の中で最も人気の高いものは基本情報技術者の国家資格でしょう。
基本情報技術者の資格を取得することは、プログラマーやシステムエンジニアになるための第一歩となります。

この資格の受験者を見てみると、学生やスキルアップを目指す社会人、またIT企業への転職を希望している若い世代の人が大半を占めています。
パソコンや情報処理、などと聞くと、どうも理系色が強いように思いますが、パソコンに興味があり意欲さえあれば、特に問題はないようです。
テキストの理解と暗記に努めることで、試験は突破できるようです。
試験の内容は、情報処理の技術全般に関する基礎知識、上位技術者の指示に従ってプログラム設計書を作成する、選択したプログラム言語を使ってプログラムを作成・テストする、などが試されます。
今は企業だけでなく、小さな商店にまでパソコンが導入されている時代ですので、情報処理系の資格を取得することで、位置情報就職や転職、キャリアアップにも大いに役立つことでしょう。

しかし一方で、この資格がどれほどの効力を持つのか、疑問に思う人も少なくないようです。
その理由として、試験内容がコンピューターについての広く浅い知識をベースにしていること、実技試験がないこと、実際の業界では製品に則さない知識は即戦力にならないこと、などが挙げられます。
だからと言って、初めから高度な知識と技術を持った人材のみを採用しようとすると、それこそ業界側も人手不足となって困る結果となります。
それにもともと1つのプロジェクトごとに集合離散を繰り返すコンピューター関連の仕事では、各人のキャリアはその繰り返しによって築かれていきます。
「即戦力になる人材が欲しいのも事実だが、敷居は低くして人材を確保しておくことも大切」と考える企業が多いのです。

つまり、効力が疑問視されながらも依然この資格が人気を保っているのには、業界へのエントリーシートを獲得するという意味で資格取得を目指す人たちが大勢いるということなのです。

【E-LifeStudy】お手軽にスキルUpを身に付けて頂く為のe-ラーニング講座を開講中です。受講料もリーズナブル!しかも無料受講デモで確認出来ます。




posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 09:42 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護職 ケアマネージャー

就職 転職 求人 資格
介護職 ケアマネージャー
ケアマネージャーイメージ.jpg
高齢化社会が急速なスピードで進み、介護の問題が社会的にもよく取り上げられるようになっています。
そんな社会の中で福祉関係への就職を希望する人が増えている反面、離職率が高いのも、福祉の現場での実情のようです。
求人広告などを見ていると、老人施設や障害者施設での介護職員として常にホームヘルパーの資格を持つ人が求められています。
介護の現場ではホームヘルパー資格を有している人が不可欠であるにもかかわらず、常に足りていない、人手不足の状態にあると言えます。

さて、世間的にもとても需要の高いホームヘルパーですが、介護保険制度が導入されたことによってますます注目を浴びている資格です。
ホームヘルパーの資格を取得するには学歴などの条件は特に設けられておらず、誰でも養成研修を修了することで取得できます。
ホームヘルパー研修には3級から1級までがあり、2級からの受講も可能なため、ほとんどの人が2級から取得していきます。
求人情報などを見ても2級以上を求められること多いので、ホームヘルパーとして働くのであれば2級は持っていたほうがよいと思います。

育児にひと段落した主婦が再就職のために、あるいは実際に自分の親の介護が現実のものとなり、その勉強のために、養成研修を受ける人もいます。
また介護タクシーの運転手として必要な知識・技術をつけるために、ホームヘルパーの資格を取る運転手もいるようです。
ホームヘルパーのような介護の知識や基本的な技術を持った人というのは、何も福祉施設に限らずいろいろな方面で必要とされているのですね。
今後、その需要はますます増えていくでしょう。


関連リンク⇒資格試験


介護の仕事や福祉専門の求人サイト【しごとの山】
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 09:49 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

証券アナリスト

就職 転職 求人
証券アナリスト


先行きが予測できない経済環境の中、現在の証券市場は荒れに荒れている状況と言えるかもしれません。
金融制度の自由化や、市場の国際化、そして多角化により、ますます複雑な状態になってきています。
そんな状況の中、証券会社や信託銀行などに就職して活躍しているのが、証券アナリストという資格を持ったいわゆる証券投資のプロフェッショナルです。

証券アナリストの仕事内容としては、市場の動きや経済情勢を分析・判断しながら、投資価値の算出や投資配分の設計を行ない、顧客に対して投資に関するアドバイスや投資管理サービスを提供することが挙げられます。
この業務そのものは資格がなくても可能ですが、社会的な信用を得るためには金融・証券関係のキャリアには証券アナリストの資格は欠かせません。
また、生命保険や銀行などの金融業会に就職した人たちが、会社から奨励を受けて、あるいはスキルアップのために自主的に資格取得を目指すケースも多いようです。

証券アナリストの資格を取得するには次のような段階があります。
まず、1次レベルでは主催する日本証券アナリスト協会の通信講座を受講し「経済」「財務分析」「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」の3科目について学習した上で1次試験を受験します。
その修了認定を受けると検定会員補として登録ができます。
次に2次レベルでは、1次の3科目に加えて「職業論理・行為基準」について通信講座で学習してから2次試験を受けます。
2次試験に合格後、証券分析業務に3年以上携わると、検定会員として認定されます。
証券アナリスト資格の認定制度は、このように通信教育から試験、実務経験までつながっており、社会からの信用性を重視したシステムであると言えます。


SBIイートレード証券はSBI証券に商号変更いたしました。

新規口座開設はネクシィーズ・トレードへ




posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 09:15 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救急救命士の薬剤投与

就職 転職 求人 救急救命士
救急救命士の薬剤投与



救急医療での救急救命士の役割は大きい

救急救命士は、以前、「電気ショック」と一般的にいわれる除細動処置をしたり、点滴による静脈確保したりすることは可能でしたが、薬剤を投与することは認可されていませんでした。

ところが、平成18年4月から、「アドレナリン」という薬剤を、救急救命士によって投与することが可能となりました。
これは、医師の包括的な指示下においての除細動と、気管挿管に続く、救急救命士による救急救命処置の範囲拡大に伴ったものです。
一般的に、アドレナリンは、強心剤として使われており、血圧や心拍数を上昇させ、気管を広げるなどの効果をもった薬剤です。

救急救命士は、救急現場や救急車の中で、意識を失い心臓機能が停止している状態の傷病者に対して、医師の指示下において、アドレナリンの投与を行ないます。
また、アドレナリンを投与することができる救急救命士は限られています。
厚生労働省により示された基準に沿った講習や、医療機関で行なう実習を修了していないと、投与することができません。

そのため、救急救命士は、医師の指導を受けるため、大学病院などで薬剤実習を行なっています。
その実習とは、病院に、意識がなく心臓機能が停止状態の重症患者が搬送された際に、医師の適切な指導のもと、安全性を確保したうえで、アドレナリンをその患者に投与するというものです。

救急車の中や救急現場などで、救急救命士によって、アドレナリン投与を行なうことで、救命率向上がさらに期待されることになるでしょう。






posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 09:25 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADの通信スクール

CADをきちんと学びたいとスクールを考えるとき、通学にしようか通信にしようか、自分で独学にて学ぼうか本当に悩むと思います

独学で学んで資格まで取れるのであれば、お金もあまりかからないし一番いいかもしれませんね。
しかし、独学で学ぶと言うのは大変なことで、かなり強い意思と勉強のコツを掴んでいなければならないと思います。

しかし、時間の都合などスクールに実際に通いたくても通えない場合があります。
そんな方には通信教育の通信CAD講座というものを推奨します。
時間に縛られることなく自由な時間に勉強することができるのと、わからないことがある場合はメールで質問すると、詳しい解説がメールで返ってくるという利点もあります。

通信のCADスクールであっても充分に勉強はできると思いますのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

CADのスクールの中には実務において数ヶ月で覚えられてしまうような知識にたいして何十万円も授業料を取るスクールもあります。
ですので、授業内容など中身をよくみて選択する必用もありますし、本当に自分の習いたいものなのか再検討してみる必用もあると思います。

例えばCADの資格が目的で習いたいと考えている場合はCADスクールに入ってきちんと学びたいと考えて入る場合もあるでしょうが、あまり目的がなく、スキルアップのためと思うのであれば何十万円もかけなくても、もっとリーズナブルに受講できるものもあると思います。

持っててよかったあの資格【比較.com資格情報】


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 11:23 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作業療法士


高齢化社会が急速に進んだことにより、リハビリにかかわる仕事をする作業療法士(OT)の重要性があらためて認められてきています。
特に老人施設や在宅医療の需要が増え、人手不足の状況が続いている現在では、作業療法士の資格取得者の就職率はほぼ100パーセントと言えるでしょう。


しかし作業療法士が仕事で対応するのは老人だけではなく、病気や事故で身体的、精神的に機能障害を起こした人や、生まれつき機能障害がある人なども対象とします。
そのため作業療法士は、理学療法士と並んで医師の指示を受け、多くの他の専門スタッフとリハビリテーションチームを組み、治療を実践します。

作業療法士が行なう訓練には、日常生活に必要な動作や機能回復の訓練などがあります。
一般的には「歯を磨く」「顔を洗う」「靴を履く」などの日常生活に必要な動作の訓練が行なわれ、引き続いて手芸や粘土細工などの作業を取り込んだ機能回復訓練に移っていきます。
もし患者に知的障害がある場合は、感情表現の発達を促すためにレクリエーションなどを通じて情緒面に働きかけることもします。

作業療法は、理学療法のあとを引き継いで取り組むケースが多くで、就職先は理学療法士とほぼ同じで、医療機関や福祉施設が多くなります。
現在では社会全体でリハビリの重要性が広く認識されつつあるため、特に福祉分野において作業療法士のニーズが高まってきています。

作業療法士の資格を取得するためには、高校卒業後に作業療法士養成学校か養成施設において3年以上、必要な専門知識や技術を修得した上で、国家試験に合格しなければいけません。
また、海外で作業療法に関する学校を卒業したかその免許を取得した人は、厚生労働大臣から認定を受けると、国家試験を受験することができます。

介護・医療・福祉の資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。



障がい者の転職ならジョブサーナ
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 11:36 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簿記検定


簿記検定は高校生や大学生の受験者も多く、取得者数も多い資格です。
有名なのは日商簿記で、日本商工会議所が主催している定番資格です。
簿記検定試験では、初歩的な商業簿記の4級から会計指導者クラスの1級までの段階があり、能力に応じて受験できます。



4級、3級は入門編で、実務で求められるのは2級以上となっています。
特に企業内で管理職を目指すときに、就職や転職に有利なのは1級です。
2級に合格するためには予備校などを利用して6ヶ月ほどの学習が必要で、1級合格を目指すならさらに6ヶ月ほどの勉強が必要になってきます。
簿記検定は、需要の高さもさることながら、受験勉強にかかる費用もリーズナブルであり、取得を目指す人にとって優良な資格と言えるでしょう。

ここであらためて簿記とはどんな仕事なのかを説明します。
簿記とは、生産・販売・人事管理などの企業内での経営活動を数値で捉えてデータ化する仕事です。
これは会社経営の成績表とも呼ばれ、営利活動を行なう上で欠かせないものです。
簿記は、それを読めるだけでビジネス全般に活躍の場が見つかるため、経理部門に就職した人やキャリアアップを目指すならぜひ取得しておきたい資格です。
また就職に簿記検定資格を活かしたいのであれば、さらにパソコンの知識を持って使いこなせるようにしておくとよいでしょう。
最近では経理をパソコン処理している会社が多いため、パソコンを扱えるかどうかもポイントになってきます。

簿記通信講座





posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 18:11 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADスクールに入る前に知っておこう



CADは今注目を浴びているもので、スクールに入って技術を学ぼうとしている人がたくさんいると思います。
そこでスクールに入る前に知っておいた方がいい知識をご紹介してみたいと思います。

CAD(Computer Aded Design)と言うのは設計を行うためのコンピューターの支援機器です。

設計などの製図は今まで手で作成していましたがCADを導入することによる効果はどういったことがあげられるのでしょうか。
・計算などの機械作業の効率化
・設計図、図面の品質の向上
・図面の再利用
・修正などの時間の効率化


などが一般的に考えられる利点なのではないかと思います。

CADには何種類かソフトウェアがあり、その中のひとつが「AutoCAD LT」というオートデスク社の汎用CADです。
このCADは世界のシェア率No.1を誇っており、日本でも人気があるCADです。

利点は使い手の用途に合わせてカスタマイズすることが可能だということです。

この他にも構造システム(株)の汎用CADの【DRA-CAD 5】があります。2次元だけでなく3次元のものも扱える上級者向けのソフトウェアです。しかし、初心者の方でも比較的簡単に操作に慣れることができると思います。

こういった各ソフトウェアを使い方の基礎的なものを教えてもらえるのがスクールの魅力かもしれませんね。

ですから、各スクールでどういう授業を行っているか、どういうソフトウェアを使って授業をするのかをよく見極めてから入るようにしてもいいかもしれません。







posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 13:49 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気象予報士

報士090107jpg
難しいこと抜きに、その名前をよく知られている資格に気象予報士があります。
他の国家資格に比べて気象予報士はまだ新しい資格と言えますが、この資格が誕生したときにテレビで活躍していたお天気キャスターが取得に走った結果、現在のように知名度が上がることとなりました。

気象予報士の主な仕事は、気象庁から提供される数値予報結果や気象衛星、気象レーダー、アメダスなどのさまざまな観測データを総合的に判断し予測業務を行ないます。
それらの気象情報を、流通、レジャー、船舶、建設など、情報を必要とする人たちのニーズに応じて加工して提供します。

勤務形態を見てみると、民間の気象会社へ就職するのが一般的ですが、新規採用は多くないようです。
他には公務員として就職し、気象庁職員になるという方法もありますが、こちらも絶対数は少ないようです。
天気予報を仕事にしたい、と強い意志がある場合は、国家公務員試験を経て気象庁に入ることを目指すのが王道と言えるでしょう。
また、テレビやラジオで天気予報をするには、アナウンサーとして局入りするか、タレント性のある民間気象会社に就職することが前提となります。

こうしてみると、気象予報士は資格を取っても、それを仕事につなげるのはなかなか難しいと言えそうです。
合格者の多くがペーパー予報士、というのもうなずけます。
気象予報士のタレントもいることから、話題作りのために受験する人もいるようです。
とは言え、合格率が4パーセントほどの難しい試験に合格するのは並の努力ではいかないでしょう。

国内最大級の事務系求人情報サイト「ワークゲート」

全国の8000件を超す求人情報が職種や勤務地、雇用形態から簡単検索できるだけでなく、

MY履歴書を登録すれば、企業からのスカウトメールを受け取ったり、

気になる求人情報をスクラップしたりとあなたのお仕事探しを強力バックアップ!

posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 11:02 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁理士

国家資格の弁理士

皆さんは弁理士という資格をご存知ですか?

難関と言われる法律系の国家資格の中でも人気上昇中の弁理士は、主に特許出願の仕事をします。
具体的には、新しい商品などを発案した人から依頼を受けて、過去に同じような考案が出されていないか、特許を出願して利益が得られるのかどうか、などを調査し、必要な書類の作成と特許庁への出願を行ないます。

また知的財産権の保護も大切な仕事で、最近では海外を中心にコピー製品の被害が問題になっており、クライアントの財産を守ることも重要な任務になっています。
弁理士gif
就職先としては弁理士事務所に勤務するのが一般的ですが、勤務しながら弁理士の資格取得を目指している人も多く、事務所によっては勉強時間の確保が難しいところもあるようです。

また、大手メーカーに就職して企業内弁理士として働く人もいます。
メーカーの特許部や知的財産部門などに所属する弁理士は、国内外を問わず、企業側の自衛のためにも今後益々必要とされてくるでしょう。
もちろん、独立開業も可能です。

弁理士試験の合格率は年々上がってきていますが、やはり難関資格にかわりはなく一度で合格する人はとても少ないようです。
合格者の平均年齢は30代半ばで、3?4回の受験でやっと合格、という人が多いようです。
10年近く受け続けている人も少なくないと聞きます。
働きながら受験する人が多いと思いますが、2、3年の猛勉強を覚悟する精神力の強さも必要になってきます。


【完全無料】確定申告のための格安税理士探索システム



posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 05:51 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公認会計士





就職・転職のために公認会計士の資格を取得しようと頑張って勉強している人もいると思いますが、公認会計士の資格試験の制度はここ数年のうちに変わってきています。
以前は合格率10パーセント以下という難関試験で、1次試験から3次試験まで合計5回の試験に合格する必要がありました。
また二次試験に合格すると公認会計士補という資格を与えられ、規定数以上の監査業務にあたった上で3次試験を受ける、という仕組みでした。
これが平成18年からは、2次試験に相当する2回の試験に合格し、その後2年以上の業務補助と実務実習を行ない、統一考査を経ることで公認会計士として登録できるようになりました。
また論文試験に関しては、一度合格した科目を申請することによって2年間、試験が免除されることになっています。

この制度改正は、公認会計士の社会的需要が増加に伴って行なわれました。
試験制度の改正により、継続受験者の合格率が上がり、登録までに要する時間も短縮されるため、試験の合格者数、つまり公認会計士の絶対数が増加していくことが予想できます。
公認会計士として就職を目指している人には、チャンスが広がったと言えるのではないでしょうか。

ちなみに公認会計士の仕事は、企業の財務書類の適正さを見る監査業務や、経営面でのアドバイスをするコンサルティング業務などがあります。
特に監査業務は、第三者的な立場から、企業が公表する財務諸表を監査、証明するという、公認会計士の独占業務になります。
難関資格と言われるだけあり、取得後3年間従事した場合の年収目安は1000万円と言われます。

参考記事リンク⇒資格試験

簿記通信講座


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 05:14 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保険労務士




就職や転職のため、あるいは今働いている職場でのキャリアアップのために、資格取得を目指す人が増えています。
資格を取得して転職に生かしたい、難関の国家資格を取って独立開業したい、など目的は人それぞれですが、社会人の中で人気のある資格に「社会保険労務士」があります。
合格率はおよそ1割弱の難しい試験ですが、受験者数、合格者数ともに年々増加してきているようです。

社会保険労務士の仕事の場としては、自分の就職先である企業内で労働保険・社会保険関係の書類作成と提出の事務を行ない、個人や企業の事業主から依頼を受けて開業社会保険労務士として働く、などがあります。

他には中小企業を顧問先として年金や保険に関するさまざまな相談やアドバイスを事業主に行なう場面も多いため、仕事をスムーズに進める上では人間関係を円滑に築いていける協調性も必要になってきます。

こういった点で女性の柔らかな対応が適していることもあり、社会保険労務士の試験合格者のうち3割ほどを女性が占めていて、難関と言われる国家資格の中では女性の取得者が多いものになっています。

難しい試験であるにも関わらず、働きながらこの資格を取得しようとする人が多いのには、保険や年金の知識は企業に勤める人以外にも必要な知識である、という理由もあるのでしょう。
仕事をしながら受験勉強もしなくてはならないため、精神的にもかなりハードになります。

少しでも時間を見つけて独学でチャレンジする人もいますが、受験者の多くは何らかの予備校に通ったり、通信教育を受けたりしています。
中には半年ほどで合格してしまう人もいますが、資格取得までにはおよそ800時間の勉強時間が必要と言われています。

強靭な精神力と体力を持って独学で合格を目指すのもありですし、時間的・経済的に余裕があればポイントを教えてくれるスクールなどに通うのもよいと思います。


参考記事リンク⇒資格試験






posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 21:06 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士




法律系の資格にあまり興味のない人にとってみると、行政書士の仕事と言われてもよくわからないのが実情だと思います。

他に司法書士という名称の似た(?)資格もありますし・・・
実際、行政書士の場合「これが行政書士の仕事です」と一言で説明できる内容のものではありません。

行政書士の業務には、以下のような内容があります。

●官公署に提出する書類、権利義務にかんする書類、事実証明に関する書類の作成
●官公署への提出手続きの代理、契約書類などの代理人としての作成、相談業務
例えば営業許可申請書や建設業許可申請書などを作成し、提出の手続きの代理を行なうことも含まれます。

また、申請書の作成だけでなく、手続きの中で必要となってくる添付書類を集め、要件のチェックなども行なう必要があります。

このほか、最近では依頼された書類を作成するまでの間に、依頼者からの相談を受けアドバイスをするなどのコンサルタント的な業務も多くなってきています。

扱う分野も多方面にわたっているため、業務に必要な法律の知識やきめ細やかな処理能力が求められます。

年々、許可事項の数が増え、手続きもより複雑化してきているため、書類作成のプロである行政書士の役割が大きくなっています。

行政書士の就職先は、多くはまず行政事務所や法律事務所などに勤めながら基盤固めをした後に独立開業という形になります。

自分で事務所を開きたい場合は、都道府県の行政書士会に申請して登録を受けなければなりません。

行政書士は一生有効な資格なので、試験に受かって登録さえしておけば、いつでも開業できます。

ちなみに企業に就職した場合、企業内で行政書士としての仕事はできません。



posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 21:42 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格試験 保育士



子どもが大好きで、就職先はぜひ子どもと関われるところで、と考えている人も少なくないでしょう。
以前は保母さんと呼ばれ、親しまれてきた保育士ですが、今では男性の保育士さんも見かけるようになり、子ども達にとって頼もしい存在となっているようです。

女性の社会進出により保育園に通う子どもが増えたことや、企業内にも産休明けの女性社員のための託児所を設けているところもあり、保育士資格を持っている人が求められる場面も多様化してきています。

保育士資格を取得した後の就職先は、保育園に限ったことではなく、レジャー施設やデパートの一時預かり所などでも求人が出ています。

基本的な仕事は、保育園や託児所、一時預かりなどに通う子どもたちに食べる・着替える・排泄するなどの基本的な生活習慣を習得させることです。

また、障害を持つ子どもたちを預かる福祉施設で子どもたちの日常のお世話をすることもあります。

子どもたちと直接関わる仕事はいろいろありますが、それらの道を選ぶのなら、まずは保育士の資格を取得するのが就職への第一歩です。

保育士の資格を取得する方法は二つあり、一つは厚生労働大臣の指定する養成所を卒業する方法です。

所定の単位を取って卒業すれば、保育士の資格を得ることができます。
もう一つは、都道府県が実施する保育士国家試験を受けることです。

国家試験には8科目が出題され、3年間のうちに(3回の受験で)8科目全てに合格する必要があります。

もちろん1回で全て合格する人もいます。
いずれも、保育士国家試験に合格したら、都道府県の備える登録簿に登録する必要があります。




参考記事リンク⇒資格試験

posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 20:00 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

資格試験 司法書士




年収1300万円を稼げる資格として前に紹介した司法書士ですが、司法書士として就職するにはもちろん並大抵の努力ではいきません。

司法書士の試験は合格率2パーセント台という超難関で、30歳前後で取得している人がもっとも多いことから、頭の回転のスピードだけでなくスタミナも同時に必要とされる資格であることがわかると思います。

試験は、年齢や学歴を問わず受験可能なので、誰にでも挑戦できる資格ではありますが、就職後の仕事の基本は法律なので、学習していくには相当な努力が必要となってきます。

司法書士の資格を取得するには実務経験を積む、専門学校に通うか通信教育で勉強する、それらの二本立てで学んでいくぐらいの意欲が必要です。

試験範囲がとても広いので、独学よりは、専門のスクールで学ぶ方が効率的でしょう。

さて晴れて司法書士の試験に合格したら、すぐに開業できるわけではなく、約2ヶ月間の研修を受けたのちに司法書士会に入会します。

司法書士の事務所において実務経験を積んだあとに、独立することが可能となります。
この事務所に勤めている期間に実力を磨きながら、取り引き先となる人脈を広げていくことが、将来開業したときのために重要になってきます。

司法書士の仕事内容としては、会社の設立、不動産を売買する際の登記の代理があります。
裁判所に提出する書類などを作成するのが主な仕事となっています。
またこれまでは訴訟代理や法律相談など弁護士に限られていた業務を、司法書士が行なえるようになりました。

ただしこの業務は法務大臣が指定する法人が行なっている研修を終了し、認定を受けた司法書士に限ります。



出題される範囲は、厚みのかなりあるテキスト2冊からなので、膨大な量で気が遠くなると思います。

ところが、出題される傾向は、毎年それほど変わることがないので、過去10年分程度の過去問題をしっかりと理解しておけば、だいたいの傾向と対策が把握できるでしょう。

救急救命士国家試験の合格率は、毎年90%程度あるので、しっかりと勉強と準備をして受ければ、合格するのも難しくない国家試験です。



参考記事リンク⇒救急医療最前線「救命救急士」

posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 14:39 | Comment(0) | 資格(職種別) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事の細道 就職転職 最近のコメント
履歴書の書き方 by 履歴書の書き方 (07/22)
ビジネスマナー 「日常生活のマナー」から by ビジネスマナー (07/02)
介護福祉士の魅力 by ギギン!バコンバコン!!www (08/26)
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。