リストラ対策転職マニュアル|サイドビジネス|ビジネスマナー

元気100選総合トップ| トップページ|新着記事20世紀の出来事

転職に有利な年齢、不利な年齢

就職 転職 起業 SOHO 外資系企業
転職に有利な年齢、不利な年齢
http://akogaregaisi.seesaa.net/article/114282967.html
自分の仕事史.jpg


外資系企業への転職は、通常の就職とは訳が違います。
具体的には、まだ真っ白な人材と、既に何らかの色に染まった人材という差です。
特に、ある程度年齢を重ねている人の場合は、色も相当濃くなっているという事になります。
はっきりと言ってしまえば、転職の場合は年齢を重ねていれば重ねている分だけ不利、と考えてください。
もちろん、以前の職種で培ったキャリアを生かせる仕事の場合であれば、年齢が必ずしも不利に働くとは限りません。
例えば、人を使う仕事の募集をしている場合は、何らかの分野でそういった立場で長年仕事をしてきたベテランの方を招集するという方針でいることもあり、そういった場合は年齢を重ねていても不利にはならないでしょう。
しかし、これはあくまで特殊なケースといえます。
転職する場合、もし若い人であれば、それほどキャリアについては言及されません。
むしろ、経験を積みすぎていないからこそ、企業の色に染め直しやすいという点もあり、キャリアの浅い人のほうが有利に働くケースも多々あります。
そういう点からも、年齢が若い方が有利と言えます。
何よりそれを証明するかのように、転職に関しては、年齢制限を設けている募集がほとんどです。
多くの会社が転職支援サイトなどに求人募集を出していますが、ほとんどは30代、40代までの募集です。
中には20代というところも結構あります。
一方、年齢をそれ程加味しない転職先もあります。
外資系企業への転職の場合、それに該当するケースが多いようです。
外資系企業への転職は、多くの募集が年齢制限を設けていないか、かなりワイドな設定にしています。
転職に有利な年齢、不利な年齢があまり関係ない、珍しい例と言えます。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

★医療機関で働きたい!生涯活かせる確かな資格 >>> 医療事務講座
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 09:30 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職試験での面接対策の重要度

就職 転職 求人 面接対策
就職試験での面接対策の重要度

面接イメージ.JPG

景気の悪化に伴ない、企業は「派遣切り」と呼ばれる人材の使い捨てが大きな社会問題になっています。
当然、現在は就職難です。新規もたいへんさは変わりません。
しかし、企業では多少なりとも採用口は毎年しっかり用意されているのが現状です。
ようするにしっかり就職試験に向けて対策を行っている人は、問題なく就職できるのです。
それでは、どのような対策をすればいいのでしょうか。
まずは学歴です。
最近、学歴などは問いませんといいう企業も聞きますが、ほとんどの企業で大学名は記入させられます。
また、大学名で就職のあしきりをする企業も少なくないと思います。
正直言って、当然の流れだと思います。
有名大学入学できるのは、高校生の段階で大切な時間を削って勉強したからです。
そのぶん、就職の際に有利になるのは当然だと思います。
しかし、学歴だけで採用されないのも事実です。
有名大学でなくても、大手の企業に就職されている方はいます。
企業からからみると採用したいのは高学歴者ではなくて、仕事のできる人です。
実際、現況ができるだけでは仕事のできる人とはいえないと思います。
それを判断するのが面接です。
面接によって人間力をみることができます。
これがなければ、今後数十年と続く仕事も続かないと思います。
要するに大切なのは面接なのです。
それではどのような面接対策をすればいいのでしょうか。
これはいくつかの考え方があります。
事前に面接で質問される内容を予想して、しっかり考えておくということです。
ですが、私が思うもっとも良いと思う面接対策は、自分の意見をしっかり持つということです。
これが就職試験の面接対策で、一番の対策だと思います。




posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 11:26 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業 転職の理由

外資系企業


転職というのは、基本的には人生における大きな転機です。
転職する上で、まず始めに考える必要があるのは、今の仕事が果たして自分の人生を捧げる価値があるのかどうかということと、今の生活を不安定にしてまでも転職すべきなのか、という点でしょう。
夢と現実と言えばわかりやすいかもしれませんね。
転職には少なからず、自分の希望、夢を加味する人が多いようです。外資系企業090105jpg
一方で、そこを重視する事ができない人も多いようです。
そもそも、転職をするという事は、どういった理由があってのものでしょうか。
人それぞれではありますが、その理由にはいくつかのパターンも存在しているかと思います。
例えば、現在勤めている会社では先が見えている、現在の給料では生活が難しくなった、などといった理由が考えられるかと思います。
虚無感であったり、切実であったりと、本当に様々です。
また、新卒で普通の国内の企業に就職したものの、その社風が合わないので別の職を探したい、というケースも考えられます。
これは一見軽く考えているように思われがちな理由ですが、そうではありません。
自分の勤める会社というのは、自分の一生を捧げる場所です。
自分の一生の大半を過ごす場所でもあります。
その場所が合わない、というのは、人生の大半を苦痛や苦悩の中で過ごす事に繋がりかねません。
それを若い内に回避するというのは、とても重要な事です。
こういった場合、外資系企業への転職を志望する方が多いようです。
特に最近の若い方は、外資系企業への転職に強い憧れを持っているようです。
若い人の転職の理由の多くは、外資系企業への転職のような、開かれた社風への憧れが多いのかもしれません。


希望に合った仕事情報が楽々探せる求人専門検索サイト
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 13:59 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学生の就職活動、氷河期再来へ

売り手市場だった大学生の就職活動が金融危機の影響もありいよいよ「氷河期再来」の危機が迫ってきた。
景気の減速で多くの企業が新規採用を抑え始めている。
平成22年春(現3年生)に向けての就職活動は、多くの大学が11月から始まる。しかし、多くの学生から
は不安を訴える声が上がっている。
一方、来春の就職を控えた大学4年生の中には採用を決めた企業から「採用取消し」を通告された学生も
相次ぎ、厚生労働省は監視の強化と実態調査に乗り出し始めた。

アメリカ発。金融危機の余波か

明治大学の就職キャリア形成支援事務室には3年生がぞくぞくと企業の研究にやってくる。こうした光景は
11月に入ってから如実に現れている。商学部の女子3年生は「夏までは売り手市場と言うことを聞いていたので
、余裕があったけど・・・。不況でつぶれてしまう会社も出るだろうから、簡単に志望企業を決められない」と
ため息をついた。
再来年の入社に向けた就職活動を始めつつある3年生たちが、氷河期再来の予兆を感じ始めたのは、アメリカの
リーマンブラザーズなどの大手金融機関が相次いで破綻した9月の中旬から。
来春の卒業生の就職率は96.1%を記録し、完全な「売り手市場」となっていた。
しかし、今回の世界金融危機、今後は採用を絞り込む企業が増えるのは必至の情勢だ。情報コミュニケーション
学部のある学生が「企業の採用人数を聞いたら『減る』と言うことを聞いた」と話す。
世界のトヨタでさえ、業績予想を大幅に下方修正していることを考えれば就職がきびしくなるのは、
当然なのかもしれない。


厚生労働省が「内定取り消し」の実態を調査

各大学の就職部に内定の取り消しの報告が寄せられているという。
「現金50万円を渡されて、内定がなかったことにされた」
就職を控えた4年生の学生からこの様な報告が寄せられたケースもあり、同様の内容が首都圏だけでも、日大、
亜細亜大、大東文化大、などから数はまだ少ないが、売り手市場だった昨年まで見られなかった光景だ。
アメリカ発の金融危機の影響がじわじわと近づいているようにも思える。
特に、内定の取り消しは不動産関連企業が目立ちこの調子だと例年の4〜5倍に増えそうという。
新卒の就職は学生の人生設計を狂わしかねない状況に、厚生労働省は「内定取り消し」の実態調査を全国の
ハローワークに指示した。
「企業の都合で一方的に内定と取り消された場合は、企業への指導も可能なので相談して欲しい」と呼びかけ
ている。

非常事態宣言を出す大学も

文部科学省の調査では、就職活動の開始時期は例年早まる一方で、現在の4年生は、3年生だった11〜12月中には
就職活動を始めている学生は全体の27%あまりで、多くの企業も年末から年明けにかけて採用の人数を決めて
いるという。

就職情報誌を発行するリクルートの広報部では「一斉に採用を凍結した90年代の就職氷河期のようにはならない
だろうが、採用数は間違いなく減るだろう」と予測する。
企業はここ数年の大量採用で若手社員の充足感があることも採用を減らす要因となっているという。

氷河期到来を予感する大学の中には「非常事態宣言」を出して、学生の奮起を促す大学も出てきている。
武蔵大(東京都練馬区)では年内3年生全員を集め、学長が訓示を行う予定で、同大学では初めての試み。

いずれにせよ、学生には早い時期での就職活動の準備を呼びかける大学は増えそうで、ひたひたと聞える
氷河期到来に、厳しい就職活動が強いられそうだ。




インディビジョン[派遣]☆未経験から正社員へ!

posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 22:19 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職試験面接対策(公務員)

今最も人気のある職業といえばいつの時代もやはり、圧倒的に安定している公務員でしょう。

多少は、いままでよりの見方は厳しくなったとはいえ、今もずば抜けて人気ナンバーワンです。

やはり、別格ですね。

しかし、ナンバーワンだけに、人気も高く、倍率も半端ではありません。就職試験の中でも公務員試験は非常に難関でしょう。

実際の採用人数も少ないし、筆記試験、面接試験と競争率の高い試験だといえます。
ここでは最低限身につけておくべき面接対策を紹介します。
monitaS.gif
まず、第一はマナーです。
ドアをあけるとこから始まり、設置されている椅子の横に立ち、座るまで、面接官は見ています。

当然、服装や姿勢や話し方などは要チェックです。
実際にドアを開けるときは確実にノックを忘れないようにしましょう。
その後、きちんとドアを閉め、設置されている椅子の横までいき、立ったまま自己紹介をしましょう。

面接官の方が「どうぞ」と言われてから座るようにしましょう。
実際の面接がはじまる前の段階ですが、このマナーができているかどうかによって、最初に与える面接官への影響は多きいと思います。

その次に大事な面接対策としては、やはり志望動機でしょう。
自分の意見をどのように具体的な事例などを挙げながら、相手に説明するかが重要になってくると思います。

たんに、人の役にたちたいというような、志望動機なら誰でも言えます。
自分の考えがしっかり反映された志望動機になっているかが重要になると思う。

その次に大事な面接対策はやはり自己PRだろう。
志望動機がしっかりしていても自分について分析して自分の長所や短所を抑えていないと話になりません。

自分をしっかり制御できないものが、他のことを制御できないと思います。
ですので、自己PRに関してはしっかり時間をとって考えてください。
最後に必要最低限の知識は身につけておいてください。

現在の社会の流れや問題点など新聞やニュースなどいろいろなメディアから情報を集めておく必要があると思います。

これで就職試験は突破できる可能性が高まります。

参考記事リンク⇒一発就職間違いなし!面接対策エトセトラ


求人・転職・就職のアンケート





posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 15:49 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期間従業員、派遣社員大量削減、1万人

いよいよ不景気の風が強まってきたたようです。

世界的な景気の低迷の影響が、いよいよ強まってきた。

国内の大手自動車業界が全体で1万人の期間従業員、派遣従業員の削減を発表している。
自動車業界は金融危機が本格化した9月以降だけで、1万人を超える見通しとなったほか、電機業界でもシャープなどが人員削減をする計画だ。
アメリカを中心とする景気の後退で国内工場も大幅な人員の削減になりそうで、国内の雇用にも深刻な影響が出始めている。

立場の弱い期間従業員や派遣社員は不景気の影響の矢面にたってしまい
そうで、国の早急な雇用対策はもちろんだが、個人でも早めの動きが必要に思います。


関連リンク⇒一発就職間違いなし。面接対策エトセトラ




⇒この記事の続きを読んで見る
posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 12:08 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職試験の面接対策に役立つアルバイトの面接対策

現在、学生でアルバイトをしているのは普通だと思います。
むしろアルバイトをしていない人のほうが少ないかもしれません。
しかし、いい条件のアルバイトはなかなか見つかりません。
いい条件のアルバイトが見つかっても、採用期間が短かったりすることがよくあります。
実際にいいバイトをし続けようとすれば、何回もアルバイトを変える必要があると思います。
しかし、いい条件のアルバイトには当然、多くの人が登録します。
そこで採用側が面接をします。
これに受からないことにはいいバイトにはありつけません。
ここでの面接対策は就職試験の面接対策と似ています。
自分の意見をその場でまとめて話さなければなりません。
面接官の方は何人もの人の面接を行っていて、人を見抜く能力はずば抜けていると思います。
自分たちが思っている以上に、自分たちの本質まで探ってきます。
アルバイトの面接も就職試験の面接も同じだと思いますが、日常生活を過ごしているうちから、まわりのいろいろなものに興味を持ち続け、そのことについて常に考え自分の考えをまとめておかなくてはいけないと思います。
実際、複数で面接をする場合にその場で考えながら話している人と事前に考えたことを覚えて話している人とでは大きな差があると思います。
日ごろから自分の考えを持つことが、将来のあらゆる面接対策に役立つと思います。
たかがアルバイトの面接とは考えることなく、将来、就職試験の面接対策としても重要になってくると思います。

関連リンク⇒一発就職間違いなし!面接対策エトセトラ




posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 21:58 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

就職試験での面接試験の大切さ

私は去年の10月ごろから就職活動を始めました。

就職活動し始めたころは、就職活動に対して全く知識がありませんでした。
全く知識がない状態からのスタートだったので、本当に大変でした。
まず、最初に取り組んだのは自分が興味のある会社を探すことです。
実際、自分は工学部なので自動車関係や電気関係の業種を探しました。
候補となる会社を探したあとは、それぞれの会社について詳しく調べました。
会社の実績や仕事内容なんかは当然ですが、勤務地の情報や勤務地周辺の環境や家賃なども調べました。
また、調べた内容を候補に入れながら自分の将来設計をしました。
その後、いろいろな角度から将来を考え、総合的に一番自分に合った会社を選びました。
自分の場合は2社まで絞ることができました。
ここから就職試験への対策が始まりました。
最初のほうは筆記試験の対策ばかりしていました。
その会社の採用試験の過去問を解いたり、市販されている問題集を解いたりして対策しました。
実際の就職試験の問題はそれほど難しい問題はなく、頭の回転を競うような問題が多かったので事前に練習しておくことによって、なんとか筆記試験を乗り切ることができました。
しかし、ここからが一番大変でした。
それが面接対策です。
大手の会社では筆記試験であしきりをして、面接試験で採用するかどうかを決めていると思います。
面接試験といっても中学校や高校の面接試験とは違い1時間ほどの面接試験をする会社もあります。
そのため、本来の自分を見抜かれます。
事前から何をいようか考えているような人はどうしようもありません・・・私が一番いいと思う面接対策はいつも、いろいろなものに興味を持ち考え、自分の考えを持つということです。

勝てる転職は、強いエージェント選びから。

【転職FA.com】会員登録はこちら

posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 16:09 | Comment(0) | 就職試験・面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
仕事の細道 就職転職 最近のコメント
履歴書の書き方 by 履歴書の書き方 (07/22)
ビジネスマナー 「日常生活のマナー」から by ビジネスマナー (07/02)
介護福祉士の魅力 by ギギン!バコンバコン!!www (08/26)
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。