リストラ対策転職マニュアル|サイドビジネス|ビジネスマナー

元気100選総合トップ| トップページ|新着記事20世紀の出来事

税理士




就職や転職に活かすために資格を取ろうと考えている人が多いと思いますが、資格も調べてみるといろいろなジャンルに取得方法もさまざまなものがあります。

やはり高収入を目指すのなら難しい国家資格を取得することが近道かと思いますが、国家資格の試験にも、一度に全科目合格しなくてはいけないものや、何年間かは合格した科目についてプールできるものなどもあります。

合格科目をプールしていけるものには税理士の国家試験などがあります。
税理士の試験では、11科目のうち、必須科目を含む5科目に合格すればよい仕組みになっています。

つまり、1年に1科目ずつ勉強、受験して、順に制覇していけばよいわけです。
もちろん一度に5科目受験してもよいのですが、多くの人は3〜5年かけて取得し、1年で全てに合格する人は少ないようです。

企業に就職してから税理士試験にチャレンジする人も多いのですが、企業によっては1科目でも合格すると報奨金が出るところもあるようで、評価も高くなります。

税理士は税務関係のスペシャリストですが、仕事の形態としては独立開業や会計事務所への勤務、企業内税理士として金融機関で働く、などがあります。

独立開業の場合は、自宅を事務所にして兼業主婦をしている女性の税理士もいるようです。
仕事の内容は、個人や法人からの依頼を受けて税金の申告・不服申立・税務調査の立会いなどの税務代理業務を行なう、税務署に提出する書類を作成する、税務相談や経営のコンサルティングなどです。

誰もが節税に関心を持っている世の中ですので、税理士として独立して頑張れば高収入も約束される仕事と言えるでしょう。


≫資格試験≪


【完全無料】日本最大級の税理士・会計士一括見積システム


posted by 仕事の細道 就職 転職 起業 SOHO at 18:54 | Comment(0) | 職業紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

仕事の細道 就職転職 最近のコメント
履歴書の書き方 by 履歴書の書き方 (07/22)
ビジネスマナー 「日常生活のマナー」から by ビジネスマナー (07/02)
介護福祉士の魅力 by ギギン!バコンバコン!!www (08/26)
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。